local_shipping全国送料無料※一部地域除く

call03-5224-5430
schedule営業時間 - 9:00~17:00(定休日 - 土日祝)
[11/1]食品の官能評価の基礎と手順・手法の勘所

[11/1]食品の官能評価の基礎と手順・手法の勘所

開催日時:2023年11月1日(水) 10:30~16:30

55,000 (税込)

0ポイント

注文数
close
オプション:受講料
通常受講料
在庫:あり
¥55,000(税込) shopping_cartカゴに入れる
メルマガ登録者
在庫:あり
¥49,500(税込) shopping_cartカゴに入れる
アカデミック価格
在庫:あり
¥26,400(税込) shopping_cartカゴに入れる
shopping_cartカートにいれる
SOLD OUT
主催:(株)シーエムシー・リサーチ

商品説明

■開催日時:2023年11月1日(水) 10:30~16:30 

■会場:本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
お申込み前に《こちらのご案内》をご確認下さい。


■受講料:55,000 円(税込)  * 資料付
*メルマガ登録者 49,500 円(税込)
*アカデミック価格 26,400 円(税込)
★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および
 学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録を
 していただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により
 出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:
跡部 昌彦 氏  跡部技術士事務所(技術士(農業・総合技術監理部門))

【講師経歴】
 1959年 ポッカレモン㈱(現 ポッカサッポロフード&ビバレッジ㈱)入社以降、清涼飲料水や
     粉末・乾燥食品、レトルト食品、健康食品などの商品開発、食品素材開発、食品加工技
     術、食品機能研究、おいしさ評価のほか、研究開発マネジメント業務を担当
 2009年 味の科学研究所 所長
 2015年 研究開発本部 シニアマネージャー
 2016年 定年退職、引き続き嘱託社員(技術顧問)として勤務
 2017年 跡部技術士事務所を開業
 2018年 ポッカサッポロフード&ビバレッジ㈱を雇用期間満了で退職

【活 動】
 ・技術士(農業部門、総合技術監理部門)
 ・公益社団法人日本技術士会 登録グループ 食品技術士センター 副会長
 ・大同大学 工学部 建築学科 かおりデザイン専攻 客員教授
 ・一般社団法人 おいしさの科学研究所 特別顧問

■セミナーの趣旨:
 官能評価は、特段の勉強をしなくとも、誰でも簡単にできると思われがちですが、信頼性ある
データを出すためには、それなりの勉強が必要で、先人たちの官能評価事例からも学ぶ必要があ
ります。私は「官能評価は高度な専門技術」と考えています。本セミナーでは評価事例を盛り込
みながら、食品の味覚・嗅覚を中心とした官能評価の基本と、進め方をお話させていただきます。

■セミナー対象者:
 各企業の研究者・技術者、品質管理担当者、商品開発・企画担当者・食品の官能評価を行って
いる方、行い始めた方、今後その予定がある方など
 *食品業界以外の方の受講も可能ですが、対象物は食品に限ります。

■セミナーで得られる知識:
 ・食品の官能評価の基本
 ・食品の官能評価(分析官能評価を中心に)の進め方
 ・食品分野での官能評価の事例
 ・官能評価の商品開発や品質管理(食品分野)への応用


■プログラム:
※ 適宜休憩が入ります。

1.官能評価の基本
 1-1 官能評価の基礎知識
 1-2 分析型官能評価と嗜好型官能評価
 1-3 分析型官能評価で大切なこと
  
2.分析型官能評価の流れ
 2-1 官能評価の手順
 2-2 官能評価の目的の明確化
 2-3 官能評価の進め方のポイント
  
3.分析型官能評価パネルの選定
 3-1 官能能力試験によるパネルの選抜
 3-2 官能評価パネルの区分け
 3-3 官能評価パネルに必要な要件
 3-4 社外パネルと社内パネル
  
4.分析型官能評価パネルの訓練・育成
 4-1 官能能力試験に合格するための訓練
 4-2 官能能力試験合格者へのパネル委託
 4-3 官能能力試験合格後の育成
 4-4 味覚・嗅覚トレー二ングキット
 4-5 官能能力パネルの維持・管理
  
5.分析型官能評価の実施ルール
 5-1 官能評価パネルの選定
 5-2 官能評価法の選定
 5-3 官能評価試料の調整
 5-4 官能評価日時の設定
 5-5 官能評価に及ぼす心理理的影響
 5-6 試料の提示技法
  
6.官能評価の環境
 6-1 官能評価室に求められる条件
 6-2 官能評価室の構築方法
  
7.分析型官能評価の手法「識別評価」
 7-1 2点識別試験の特徴と留意点
 7-2 3点識別試験の特徴と留意点
 7-3 1対2点識別試験の特徴と留意点
 7-4 その他の識別試験
 7-5 評価事例の紹介
  
8.分析型官能評価の手法 「定量化・尺度法」
 8-1 定量化・尺度法の具体的方法と留意点
 8-2 評価事例の紹介
  
9.分析型官能評価の手法 「特性プロファイル法」
 9-1 特性プロファイル法の特徴と留意点
 9-2 官能評価用語の整理
 9-3 QDA法の基本的な考え方
 9-4 TI法、TDS法、CATA法、TCATA法の特徴
 9-5 官能評価ソフトの概要
 9-6 評価事例の紹介
  
10.官能評価データの解析
 10-1 統計解析ソフトの紹介
  
11.異臭検出
 11-1 異臭とオフフレーバー
 11-2 異臭識別試験の方法と留意点
 11-3 評価事例の紹介
  
12.嗜好型官能評価
 12-1 嗜好型官能評価の進め方
 12-2 アンケート調査
 12-3 評価事例の紹介
  
13.官能評価の裏付け
 13-1 官能評価の裏付けとは
 13-2 機器分析
 13-3 生体計測
 13-4 評価事例の紹介
  
14.おわりに
 14-1 日本官能評価学会
 14-2 参考文献
 14-3 官能評価のISOとJIS